筋トレとダンベルについて

筋トレBIBLE

筋トレとダンベル

ダンベルを使用したトレーニングは部位ごとに細かなエクササイズを行う事ができるというメリットがあります。ダンベルトレーニングで効果を上げるには、筋の収縮意識を高め、正しいエクササイズを選択し、自分に合ったトレーニングプログラムで進めることでしょう。

筋肉を太く発達させたい、趣味のスポーツでのパフォーマンスを向上させたい、ダイエットしたい。

などの目標を持ちながらもフィットネスクラブに通うのが難しい方にはダンベルでのトレーニングがおすすめです。

ダンベルは僅かなスペースがあれば、工夫次第で全身をトレーニングすることができます。

しかし、エクササイズ内容を十分把握し、正確に筋へのアプローチをしなければ思うような効果を上げることが出来ません。

ダンベルのウェイトを変えることができない鉄アレイなどのタイプよりもウェイトを付け変えることの出来るタイプの方が幅広いトレーニングを行う事が出来るためおすすめです。

自由に重量を設定することが出来れば、性別を問わず質の高いトレーニングが出来るのです。

自宅で行うトレーニングとして自体重トレーニングやチューブトレーニングがありますが、それよりもダンベルトレーニングの方が幅広い用途で活用できます。

自宅で行うトレーニングではダンベルが活躍するのですが、筋肉への刺激が毎度同じになってしまうとマンネリ化を起こしてしまい、筋肉の成長は停滞してしまう可能性があります。

その時には、ダンベルトレーニングでの強度を高める。

強度を低くしレップ数を増やす。

ダンベルでのスロートレーニングを行う。

トレーニング種目の順序を変える。

などの変化をつけることが重要です。

また、間に自体重トレーニングを組み合わせることも停滞を打破するためには効果的でしょう。

トレーニングプログラムは3週間を目安に変化させていくことがおすすめです。