筋トレの順序について

筋トレBIBLE

筋トレの順序

筋トレは、体幹部に近い部分から行うのが良いとされています。理由としては、大きな筋肉のトレーニングは消耗が激しいので後回しにすると追い込めない。また、体幹部の筋トレでは四肢の筋肉の支えが必要となることが多く、四肢が疲労している状態では追い込めない。などがあります。

筋トレの順序についてもう少し詳しく

トレーニングで最大限の効果を出すためには、プログラムを進める順序も計画しておく必要があります。また、トレーニングプログラムの中にはウォームアップやクールダウン、ストレッチングなども取り入れ、障害を防ぐことも重要になります。

トレーニングで効率よく、最大限の効果を引き出すには、しっかりとしたトレーニングプログラムを計画する必要があります。どのようなトレーニング種目を取り入れ、どの順序で組み立てていくかによっても部位の成長は異なるでしょう。

トレーニングは筋の成長や生体機能の向上を果たすことが目的の多くになるため、障害を未然に防ぐ事も欠かすことはできません。機能向上させるためのトレーニングで怪我をしてしまえば、元も子もないのです。

まずは骨格筋を温めるためのウォームアップをする必要があります。ストレッチがウォームアップと理解している方もいるのですが、ストレッチはウォームアップの中の一部分でしかありません。温まっていない状態で関節可動域を無理に広げてしまえば、筋・関節・靭帯などの損傷を起こすリスクが高まります。

ウォームアップとして、軽いウォーキング、ジョギングなどで全体を温めてから、仕上げの段階で関節可動域を広げるストレッチを行います。十分に関節を広げた後に、本格的なトレーニングを開始していきます。

トレーニングの目的によって、種目の順序というものも異なります。

初めに胸や背中、大腿部などの大筋群などの種目を終えてから、上腕、前腕、下腿部などの小筋群の種目を進めるのが一般的ですが、効果が停滞してくる場合はトレーニング種目を変えるだけでなく、順序も変えることで壁を打破できることもあります。

トレーニングをすることによって、常に一定の成長があるとは考えられません。成長にも波があるため、順序を変えるだけでも筋にとってはいつもと異なる刺激によって、効果が増すこともあるのです。