加圧トレーニングについて

筋トレBIBLE

加圧トレーニング

最小限の負荷で最大限の効果を図るために注目されているトレーニング法として加圧トレーニングがあります。加圧トレーニングは空圧センサー式加圧ベルトを巻くことによって、血流を制限しながらエクササイズを行うというものです。

最小限の負荷で最大限の効果が期待できるトレーニング法として加圧トレーニングがあります。

芸能人やスポーツ選手などが利用していることで、徐々に一般の方にも広がってきました。

加圧トレーニングというのは空圧センサー式のベルトを腕や脚に巻き、一時的に血流を制限させながらエクササイズを行うというものです。

適度な血流制限が加圧トレーニングのポイントになるため、加圧トレーナーに正しく圧設定してもらう必要が不可欠です。

通常、筋肉を成長させるためには1RMの65%以上の負荷は最低限必要とされているのですが、加圧トレーニングの場合は1RMの20%程度で筋肉が成長すると分かっています。

これは血流制限させながらエクササイズすることによって、成長ホルモン・ノルアドレナリン・インスリン成長因子などの分泌が通常のトレーニングに比べても高いからと考えられます。

最近では高齢者や障害者のリハビリメニューとしても加圧トレーニングが取り入れられているケースもあります。

通常のトレーニングではある程度の負荷をかけなければならないため、関節や靭帯、その他組織に対する負担を避けることが出来ません。

しかし、加圧トレーニングの場合は低負荷でも十分な効果を上げることができるため、組織に対する負担も最小限に抑えることが出来るのです。

加圧によって内分泌系を活性化させることができれば、日常の動作だけでも十分に筋肥大や筋力向上を図ることが出来るでしょう。

これからますます一般化され、気軽に加圧トレーニングを受けることのできる環境が整う事でしょう。