プライオメトリクスについて

筋トレBIBLE

プライオメトリクス

プライオメトリクスとは、筋肉や腱の機能(伸張作用・腱の弾性など)を改善する事で、瞬発力などの爆発的パワーを高めるトレーニングです。筋トレで鍛えた筋力を実際の動作に転化させるためのトレーニングのひとつです。

プライオメトリクスについてもう少し詳しく

プライオメトリクスとはプライオメトリックトレーニングのことを言います。筋肉の伸張反射のメカニズムを利用し、短時間で爆発的な力を引き出すためのトレーニング法で多くの競技者が取り入れている方法です。

プライオメトリクスとはプライオメトリックトレーニングというトレーニング法の一つで、1960年代にソ連を中心に発達したとされています。

プライオメトリクスは筋肉の伸張反射のメカニズムを利用し、短時間で爆発的な力を発揮させるためのトレーニング法で、多くの競技者がトレーニングルーティンの中に取り入れています。

伸張反射というのは骨格筋が急激に伸張した時に反射的にその筋肉が短縮しようとするものです。メカニズムとしては過度な伸張が引き起こされると、伸張受容器である筋紡錘が興奮状態を起こします。この興奮は脊髄に伝えられることによって、ニューロンの興奮につながり、結果的に筋肉が収縮されます。

筋肉というのは、たんに短縮するよりも一度伸張してから切り返して短縮させた方が瞬発的な力が発揮されるのです。この過程は伸張―短縮サイクルとよばれ、この過程を利用することで効果的なプライオメトリクスが行えるのです。

プライオメトリクスの代表的なエクササイズであるボックスジャンプ。ボックスから飛び降り、その衝撃によって伸張が引き起こり、すぐに再度ボックス方向へのジャンプをします。

ジャンプ系種目は着地の接地時間をできるだけ短縮するように意識し、全力でリズミカルにジャンプを繰り返していきます。

プライオメトリクスは筋肉や腱などにかかるストレスが大きいため、種目設定は重要になります。下半身のプライオメトリクスを高強度で行った場合には、次の日には上半身の低強度を選ぶなどの配慮が必要になってきます。

徐々に強度を上げるようなトレーニングプログラムを作成することをおすすめします。