筋トレの種目について

筋トレBIBLE

筋トレの種目

筋トレにはたくさんの種目があります。バーベルやダンベルを使った筋トレや専用のマシンを使った筋トレ、器具を使わないで行う筋トレもあります。たくさんの筋トレ種目を覚える事で、場所や時間によって筋トレの種目を選んで対応できるようになります。

筋トレの種目についてもう少し詳しく

筋力トレーニングといっても様々な種類があり、それぞれの方法にメリット・デメリットがあります。筋力トレーニングの種目として一般的なものはダンベルトレーニング、バーベルトレーニング、自体重トレーニング、マシントレーニングの四つに分類できます。

筋力トレーニングには様々な種類が存在し、それぞれの種目によってメリット・デメリットが挙げられます。

一般的な種目としては、ダンベルトレーニング、バーベルトレーニング、自体重トレーニング、マシントレーニングの四つになります。この他にもチューブトレーニングや加圧トレーニングなども種目に含めることができます。

ダンベルやバーベルを用いたトレーニングはフリーウエイト系種目として分類され、マシンとは異なり自由な方向へと動かせるため工夫次第では筋肉への成長を効率的に促進させることが出来ます。また、負荷のかかり方がマシンのように一定ではなく、安定していないためスポーツ選手など競技に活かすためのトレーニングとしても有効です。

対照的な種目としてはマシン系種目です。マシンを使ってのトレーニングは安全性が高く、心理的な安心感もあるためオールアウトさせるためには向いています。

ただ、負荷が一定であるがために安定した状態でしか筋力が発揮できないという筋肉を作ってしまう可能性もあります。そのため、アスリートはフリーウエイト系種目とマシン系種目を組み合わせるなどして工夫しているようです。

最後に自体重トレーニングは腕立て伏せやスクワットなど、自分の体重・重力を利用したトレーニング種目です。器具を全く使用しないため、場所や時間を選ばず、すぐに始めることができます。フリーウエイト系種目に移行する前の基礎体力作りなどにも向いており、初心者におすすめの種目といえます。

これらの種目をどのように組み合わせるかで、効果が違ってくるでしょう。