スロートレーニングについて

筋トレBIBLE

スロートレーニング

スロートレーニングとは名前の通りゆっくりとした動作で行う筋トレです。色んな理論がありますが、一般的にはノンロックで1レップ5-10秒程度かけて、1セット70秒程度で追い込む筋トレです。スロートレーニングは成長ホルモンの分泌を活性化します。

スロートレーニングについてもう少し詳しく

通常のトレーニングでは得られない効果が期待できるのがスロートレーニングです。スロートレーニングというのは、ゆっくりとした動作で反復し、通常の動作では得られない刺激を筋肉に与える方法です。

スロートレーニングは通常のトレーニングとは違い、反復動作をゆっくりと行い、通常の動作では得られない効果が期待できます。また、動作をゆっくりとするため正しいフォームが身に付きやすいとされています。

その点初心者が習得しておきたいトレーニング法の一つと言えるでしょう。

スロートレーニングは通常のトレーニングよりも負荷を軽くした状態でも十分な効果が得られます。

動作をゆっくりすることで、今までのトレーニングとは違った刺激を筋肉へ与えることができます。

トレーニングを継続していると、どうしても停滞期というものがあります。筋肉の成長は壁にぶつかりながら、成長を遂げるもので、その停滞をいかにして打破するのかが成功のポイントとなるのです。スロートレーニングは筋肉へ新しい刺激を与えることが出来るため、停滞を打破するためのトレーニングとしてもお勧めできます。

軽いウェイトでゆっくりとした動作、正しいフォーム。

スロートレーニングの特徴なのですが、これにより障害リスクも通常のトレーニングよりも明らかに低い事が分かります。

通常のトレーニングで上げ下ろしの動作をする場合には2,3秒を要しますが、スロートレーニングの場合は5秒から10秒かけて動作を繰り返します。

また、上げ下ろしに1分もかけるスーパースロートレーニングという方法もあるので、動作スピードを変えてみるのも面白いかもしれません。重量をかえることをしなくても、動作スピードをいつもより遅くしてみるという工夫だけで大きな成長を遂げることが出来るのです。