筋トレとストレッチについて

筋トレBIBLE

筋トレとストレッチ

筋力トレーニングとストレッチは対照的なものとして認識されている方もいるのですが、どちらも機能向上を果たすためには必要不可欠となります。ストレッチは柔軟性の向上だけでなく、疲労回復や障害予防としても効果があるため、習慣的に行うべきです。

筋力トレーニングとストレッチは対照的な考えもあるのですが、併用することで更なる機能向上を果たすことができます。

ストレッチはトレーニング前の準備運動として取り入れられることも多いのですが、目的に応じて使い分ける必要があります。

ストレッチの効果は大きく分けて三つに分かれます。

まず一つ目の効果は関節可動域が広がり、柔軟性が向上するという事です。

関節の柔軟性というのは年々低下していくもので、それによる姿勢悪化、腰痛・肩こり、障害リスクが上がる。

など問題が出てきます。

トレーニング効果として直接的な影響が出ないと思っている方も多いのですが、実際関節可動域が広がることでより深い部分まで筋肉の動員がされ、質の高いトレーニングが出来るため必要不可欠なものです。

二つ目の効果としては血行促進による疲労回復です。

特にトレーニングで酷使された筋肉というのは、疲労物質が溜まっている状態になります。

収縮運動が繰り返されることによって部分的な拘縮が起こり、一時的な血行不良や筋バランスの崩れなどを引き起こします。

それを防ぐためにもトレーニング後のストレッチは必要といえます。

最後の効果としては障害予防です。

関節可動域が悪い状態でトレーニングをすると、筋や靭帯を損傷するリスクが高まります。

また、慢性的な運動障害を引き起こす可能性も否定できないため、トレーニング前のウォームアップとしてストレッチを取り入れるべきです。

トレーニング前に行う事によって、集中力を高めたり、精神的安定などメンタル的にも好影響を齎すでしょう。