低酸素性筋力トレーニングについて

筋トレBIBLE

低酸素性筋力トレーニング

低酸素性筋力トレーニングは加圧で一時的に血流を制限させながらトレーニングを行う方法です。加圧トレーニングとも呼ばれ、最近では健康維持や機能回復などにも多く活用されています。

低酸素性筋力トレーニングは一時的に加圧で血流を制限し、トレーニングを行う方法です。

重要になってくるのが適度な圧をかけることです。

人間の筋肉を二種類に分けると速筋と遅筋に分かれます。

遅筋は酸素を使用しながら活動する筋肉なのですが、基本的には太くならない筋肉です、速筋は酸素がなくても糖質を燃焼させることで活動し、大きく発達します。

遅筋は低負荷で活動を始めるのですが、速筋は強い負荷をかけなければ活動しないという特徴があります。

強い負荷をかける場合には筋や関節、靭帯、その他組織に強い負担をかけてしまうのですが、その点低酸素性筋力トレーニングを行えば、そのリスクを回避することが出来るでしょう。

適正な圧をかけながら、トレーニングをすることによって一時的に酸素は不足します。

そうすることで、速筋は酸素不足と認識し、低負荷でも発達することになります。

簡単にいえば、筋肉が騙されて発達するという事です。

速筋が活動することによって、疲労物質である乳酸が蓄積されます。

乳酸が筋肉に溜まると、感覚神経がその情報を視床下部に送ります。

情報を受け取った視床下部は脳下垂体に成長ホルモンを分泌するように指令を送ります。

そして、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されます。

低酸素性筋力トレーニングを行う事で、分泌される成長ホルモンの量は通常トレーニング時の約10倍の量と言われています。

成長ホルモンは筋肉を太く成長させるだけでなく、脂肪を分解させる力もあるため、同時にダイエットにも活用することが出来るのです。

代謝向上、機能向上、機能回復、健康維持、ダイエットなど様々な目的に取り入れることが出来るでしょう。