ウェイトリダクション法について

筋トレBIBLE

ウェイトリダクション法

筋肉は徐々に疲労していくので同じ重量ではセットを重ねるごとに反復できる回数は減ってしまいます。ウェイトリダクション法とは、セットごとにウェイトを軽くして、一定回数をこなす筋トレのセット法です。

ウェイトリダクション法についてもう少し詳しく

ウェイトリダクション法はオールアウトさせるためによく用いられるトレーニング法です。一定回数の反復を繰り返し、セットごとに重量を落としていきます。特に筋肥大を目的にした場合には大きな成果が期待できます。

筋肥大をさせるためには出来るだけ筋肉を限界まで追い込むオールアウトが重要になります。そのためには様々なセット法を取り入れる必要があるのですが、その中でもウェイトリダクションは筋肥大に有効な方法の一つです。

ウェイトリダクション法とはセットごとに重量を減らしていく方法です。この時、ウォームアップでの重量は含みません。

筋肥大を目的にした場合、6RM~12RMを目標にし、筋肉を正確に収縮させます。

しっかりと追い込むことで、筋疲労は蓄積されます。ウェイトリダクションは疲労が蓄積されたとしても次のセットでは負荷を軽くするため、次のセットでも限界まで追い込むことが出来るのです。

その点が一番のメリットといえます。

ウェイトリダクション法はピラミッド法と比較されることが多いのですが、どちらが優れているというものではありません。

ウェイトリダクションは毎セットごとに負荷が軽くなっていくため、毎セットしっかりと追い込むことが出来ます。セットが終わるたびに疲労が蓄積されるため、同じ重量を同じ回数繰り返すことは、基本的に不可能なため、質の高いトレーニングで筋肥大させたい人にはウェイトリダクション法はおすすめです。

それに比べ、ピラミッド法は逆に負荷を段階的に上げていくことになります。1セット目が最大強度になるので、筋肥大を目的にするというよりかは筋力向上・パワー向上に適した方法と言えます。

この二つの方法はある程度トレーニング経験が必要なので、まずは重量を変えない重量固定法で正しいフォームを完成させることをお勧めします。