ブログ

ローバースクワットで手首が痛い原因は肘の角度にある

フルスクワットを行う時、バーベルを三角筋の後部に担いで行うローバースクワット。

簡単に言うと、バーベルを後ろの方で担ぎます。

 

バーベルを首に近いところで担ぐハイパースクワットに比べて、高重量を扱いやすいためパワーリフティングや、スポーツのための筋トレにピッタリのスクワットのやり方です。

 

ローバースクワットをやると手首が痛い

「ローバースクワットを行うと手首が痛い」と感じる人が多いようです。

その原因はバーベルが後ろにずり落ちそうになるため、それを支えるために手首に負担がかかるからです。

これを解決するためには、バーベルを担ぐときの肘の角度と、バーベルの位置が重要です。

まず、バーベルを担ぐ時は、肘をしっかりと後ろに突き出します。

肘をしっかりと後ろに出さないと、バーベルの位置が安定しなくなるので気をつけましょう。

 

肘を後ろに突き出すと、三角筋の後部に凹みができます。

バーベルはその凹みに乗せるようにして下さい。

 

この2点をしっかりと守ることで、手首の痛みは解決できます。

 

まとめ

ローバースクワットで手首が痛い場合は、

肘をしっかり後ろに突き出して、三角筋後部の凹みにバーベルを乗せる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る