ブログ

フォーストレップス法のやり方・メリット・デメリット

フォーストレップス法とはパートナーの補助によって筋肉を追い込む筋トレのテクニックです。

筋力トレーニングのテクニックの一つとしてフォーストレップス法というものがあります。限界まで反復を繰り返し、限界にきたときパートナーの人に補助を加えてもらい、さらに数回反復させるというものです。

フォーストレップス法を行う事によって、限界を超えた状態で筋線維を酷使することができるため、通常のトレーニング法よりも強い刺激を与えることができます。

そのため、効率良くオールアウトさせるためのトレーニングテクニックとして取り入れられることが多いようです。

フォーストレップス法のポイントとやり方

フォーストレップ法の流れとしては、通常のセットを行います。これ以上反復できないというところまでは自分の力で反復させることもフォーストレップ法のポイントとなります。

限界に達した時点でパートナーは補助力を加えながら、反復させるのですが回数は2,3回に留めておきましょう。

通常のトレーニングよりも強い刺激を与えるため、最後のセットのみフォーストレップ法を取り入れます。

この方法をあまり多用してしまうと、オーバートレーニングになってしまい筋の成長には逆効果になることもありますので注意しましょう。

フォーストレップでオールアウトさせるためには、パートナー選びも慎重にしましょう。

スティッキングポイントを超えた辺りからの補助がベストなタイミングとなるため、ある程度トレーニング経験が豊富でないと、タイミングがとれません。

また、パートナーの補助力が強すぎる場合もフォーストレップ法を取り入れる意味がなくなってしまいます。

微妙な補助力とベストなタイミングを把握しているパートナーを選択することが最高のフォーストレップ法を行う秘訣となります。

フォーストレップス法のメリット・デメリット

メリット

  • 筋肉を限界まで追い込める
  • 効率よくオールアウトさせることができる

デメリット

  • 経験豊富なパートナーが必要
  • 初心者むけではない
  • オーバートレーニングになりやすい

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る